人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

函館散策

【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!

さあ、食べてばかりいないで観光しよう!

朝市を出て、海沿いに歩いて行くと金森赤れんが倉庫が見えてきた。

c0220337_08385719.jpg


道も広く、すっかり晴れて、の〜んびり写真を撮りながら歩く。
函館と検索すると必ず出てくる「ラッキーピエロ」や東京とは違ういでたちの「スタバ」など発見。


c0220337_08411090.jpg


c0220337_08412512.jpg

それらを通り過ぎて、海を背に坂を上っていく。
洋風の建物やポプラの木の葉が連なる道がとてもきれいだった。


c0220337_08432673.jpg


向かった先は、旧イギリス領事館。


c0220337_08441642.jpg


素敵な洋館で、中は撮影自由。
ご親切に三脚まで置いてあった。
窓から外を見ると、昔もこうやって外の景色を眺めていたんだろうなあってタイムトリップしたり
樽を除くと、今の景色がだんだん昔の景色に変わっていくのが見えたりして面白い。

c0220337_08460163.jpg


こんな記念撮影もあって、みんなで覗くと面白いかも!


c0220337_08463674.jpg


ひととおり見学が終わると、おしゃれな喫茶店があったり、中庭も散策できる。
この時期、函館はまだあじさいが咲いていた。


c0220337_08473867.jpg


領事館を出て、次に向かった先は、函館ハリストス正教会。
その途中に、一度見てみたかった八幡坂に寄った。


こういう景色、最高!
基本、海が見える景色って大好きなので、こういう絵になる構図はたまらない!
ちょうど車の通りも切れて、ノスタルジックに撮れた。

c0220337_08515518.jpg


そして、教会に向かう。
結構な坂だった。
幼稚園や他の教会もあった。
上り詰めたところにハリストス正教会はあった。


c0220337_08594101.jpg



中に入ると、脱帽、献金、撮影は禁止。
静かに賛美歌がながれ、椅子に座って心を落ち着かせる。
正面には、有名な「最後の晩餐」もあり、窓からは柔らかな日差しが差し込む。
嵐の日も雪の日も、ここにいれば守られてると安心できるのでは・・・と思った。

キリスト教の教会付属幼稚園に通っていた子供たちも、ちょっと懐かしい気持ちになったのでは・・・。

気がつくと、どんどん観光客が入ってきていたので、静かに退散。


外に出ると、入る時とは違った気分で、とても気持ちよかった。


c0220337_08595721.jpg



そして、ゆっくり坂を下りてホテルに向かう。

途中、日本最古の電柱を見たり、食べ物屋さんを外から物色したりしながら、ぶらぶら・・・




c0220337_08591096.jpg

たくさん歩いたから、ホテルにチェックインして少し休もう。









by petit_memo | 2019-07-30 21:17 | 函館旅行

函館朝市

【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!

2日目

朝すっきり起きられて、上の子は温泉に行っていた。
ツアーではないので、ゆっくり朝の時間も過ごせる。

これ意外と贅沢で嬉しいこと。

朝食ももれなくビュッフェで、昨日とはまた違ったメニューだけど
どれもおいしい。
洋食もあり、パンもとてもおいしかったらしい。
(私は、ひたすら和食)

なにを食べてもおいしい!
至福の喜び!


出発前にフロントでこれからの移動方法を聞いたけれど、とても親切で助かった。
函館はバスも路面電車も充実しているから、移動もらくちん。
それに思ったより距離もないので、あっというまに着く。


ホテルを出て、徒歩7、8分くらいの路面電車の駅まで歩く。
駅はすぐにわかり、着いた途端電車が来たけれど、ホームは小さいし電車はすれすれのところを入ってくるので
あやうく電車に触るところだった。

こわっ!


路面電車からの眺め、乗っている地元の人たち・・・
東京とは全然違う光景に、同じ日本でも世界が違うんだなあと思う。
時間の流れ、空気の流れ方が違うのだ。
真冬の函館はどんな感じなんだろう
どれくらい寒くなるんだろう
とかいろいろなことを想像する。

30分ほど乗っていると、函館駅に着き、その2駅先で降りて
まずはこの重い荷物を預けに、今夜の宿泊先ラビスタ函館に向かった。

また7、8分くらい歩いたけれど、あまり人も車もいなかった。
ホテルはすぐにわかり、その周辺はそれなりに人がいた。

荷物を預けると、歩いて朝市へ。
市電の1日乗り放題券を買おうと思っていたけれど、どこも歩いて行けるからと
今朝聞いてきたので、ひたすら歩く。
確かに、歩ける距離。
東京で、地下鉄に乗るより歩いた方が早いわっていう感覚。

朝市の場所もすぐにわかり、またまたカニやイカ、干物、メロンなどであふれかえっていた。

まずは手始めに、夕張メロンを頬張り、


c0220337_08540830.jpg


次に、農家がやっているジェラートのお店で、メロンのジェラートを食す。


c0220337_08545553.jpg
次の日、違うところでメロンのアイスを食べたけれど、こちらの方が本物のメロンの味がして美味しかった!



そして、イカが大好きな上の子が、イカ釣りをしてみたいと言うので、下の子と1杯ずつ釣って
その場でお刺身とバター焼きにしてもらった。


c0220337_09031900.jpg


c0220337_08565082.jpg


c0220337_08570944.jpg


新鮮なイカは、色が違う、食感が全然違う!
バター焼きもおいしかった!


そして、そろそろお昼が近くなってきたので、今回の旅のメインイベント、海鮮丼をいただくことに。



じゃじゃ〜ん!!

c0220337_08592254.jpg
c0220337_08595875.jpg


甘エビ、甘くておいしい
かにもしっかり味がついていて
うには、甘くていくらでも食べられそう!!!

そう、この甘いうにを上の子に食べさせたかったのだ。
案の定
「うまい!!」
と言っていた。

下の子も、あまりのおいしさに薄ら笑いを浮かべて食べていた(あやしい)。


ああ、幸せ!


さて、午後は歩きますぜ。






by petit_memo | 2019-07-29 21:21 | 函館旅行

海の幸、食べ放題の夜

【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!

あまりに、その40分が長いので、早めに部屋を出ておみやげ屋さんをのぞくことに。

そのおみやげ屋さんが、今までにはないほど試食三昧。
人に買っていくお土産を、ちゃんと味見してから買えるのはありがたい。
子供たちは、ちゃっかり自分用においしかったご当地ものを買っていた。
初日からたくさん買うのはどうよと思ったのでほどほどにしておいたけれど、
でも、結果ここで買うのが一番良かったかも・・・。

もっと買っておけば良かったー!!!


と、見ているうちに5分前になったので、いそいそと夕食会場へ。
一番のり・・・。
気合い入りすぎの私たち・・・。


そして、6時


「どうぞ、お好きな席へ」
と言われたので、お料理に一番近い席をとり、
「お飲み物は?」
と聞かれているのに、立ったまま
「ビール」
「ジュース」
と注文して、男衆は足早にお皿を持って料理に向かう。


もう、それはそれはすごくて、私は身震いするほど!

こ、これ、全部食べ放題なんですか?



キラキラしたお刺身、殻付きのホタテのバター醤油焼き、出汁のきいたカニの味噌汁、ホタテの炊き込みご飯、ほくほくの肉じゃが、ジューシーなポークのソテー、サクサクのエビフライ・・・、とにかく覚えきれないほど、北海道の食材をふんだんに使った料理であふれていた。

そして、きわめつけは、これ!


c0220337_07544408.jpg


The 蟹の足


蟹酢につけてもよし、そのまま食べても甘くておいしい!!
みんな無言で、食べる食べる・・・
なんと4人で37本食べちゃった!

テーブルの上が、お皿でいっぱいになってきたので
「さげてもらえますか?」
と言ったら、
えっ、もうこんなに食べたの?とびっくりしたような顔をしていた。

こんなにペースが早くて、すんまそん!



ごちそうさままでに、何度
「おいしい!!」
「これ、うまい」
と言ったことか。


子供達に、本当においしい海のものを食べさせてあげられたのは良かった。
近所にもおいしい魚屋さんはあるけれど、それすらも勝てないほどのおいしさ!


満足するまで食べて、部屋に戻ってしばらくすると
「お布団敷きに来ました」
と目の前で、二人組の女の人が手際よくささーっと布団を敷いてくれた。
シーツをピシッと敷いたのには、子供達も
「すげー」
と感動し、なんだか昭和の旅館を思い出した。
ものの5分もたたないうちに、4セット敷き終わった。


その晩余力があったら、近くの「バスラーメン」で、蟹ホタテラーメンを食べる予定だったけれど
さすがにギブアップ。

温泉に入ったら、もうバタンキューでしたわ。


部屋からの夜景も、とてもきれいだった。


c0220337_08095435.jpg


明日は、あの函館山の方に行くんだな・・・と思いながら、いつの間にか夢の中だった。







by petit_memo | 2019-07-27 21:24 | 函館旅行

函館へ

【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!



梅雨空の東京
飛行機が嫌いな私は、2、3日前からずっと天気予報とにらめっこ。
飛行機に乗る時は、少しでも良い天気の時にしてもらいたい。

傘が必須な感じだったが、なんと当日の朝、太陽が見えて
素晴らしい出発!!と感動。

心苦しくクッキーを預けたあと一度家に戻ると、予定していた京王線は早朝から運転見合わせ、
JRは遅れてダイヤが乱れ、挙げ句の果てにはモノレールまで遅れが出る始末。
最寄りのJRの駅までタクシーで行こうとしたら、今日は迎車は出せないと言われ・・・

クッキーのおかげで2時45分のフライトにしていたので、かなり余裕があったから良かったものの
もう1本前のフライトだったらアウトだった。
でも、ちょうど来た電車にどんどん乗ることができて
結局予定通り12時には羽田空港に着いた。

空はすっかり晴れ上がり、展望デッキに出ると千葉の街並みまで肉眼でしっかり見えるほど。
これはきっと静かなフライトだろうと、ほっ!

c0220337_11022572.jpg


お昼は、夜に備えて軽くラーメンを。


なんだかんだ時間をつぶし、いよいよ出発ゲートへ。
旦那以外の3人は飛行機が嫌いなので、ドキドキ。



c0220337_11250155.jpg


私は特に離陸する時が怖くて嫌なので、少しでも気が紛れようにiPhoneに好きな音楽を入れ
音楽を聴きながら窓からの写真でも撮っていれば大丈夫だろうと思っていたのに、
いざ席につくと、私のも下の子のイヤホンはワイヤレス
機内モードにしたら、聞けないやん!!
そこへスッチーが
「イヤホンを使われる方はいらっしゃいますか?」
と来たので、ほー!!これを借りればいいやと
「ください」
と二人してそっこうもらったけれど、イヤホンをiPhoneにさそうにも、穴がない。
そうだ、iPhone8はコネクターがないとさせなかったんだった!!!



おーまいがっ!!!!




がっかりな私たちは、しかたなく椅子の手すりにあるコネクターにイヤホンをさし
聴きたくもない音楽を聴いた。
下の子は、絶望とともに途中で聴くのをやめていた。
私は、聞かないよりはマシ・・・と聴いていた。
すると、意外にも気が紛れているうちに離陸し、旋回も終わり、ほぼ水平飛行になっていた。
そして、とても静かにフライト。

c0220337_11223119.jpg
気を紛らわすために、こんなわけのわからない写真まで撮ってる





おーー、良かった!


その数分後、なんだか揺れ始めた。
車や電車と違って、飛行機は上下の揺れがあるのがいやなのだ。
水平飛行になっても、ベルト着用のサインは消えない。
それでも機長の挨拶は、そんなこと気にもしない口調で・・・
その後にスッチーのアナウンスが入り
「このまま上昇続けますが、気流の関係であと5分ほど揺れが続きます」
と。


ほんとうに 5分でしょうね?


その間の揺れといったら、怖いというよりなんとなく酔った。
左右上下にゆらゆら

「あー、俺もうだめ。こういうの、だめ」
と後ろの席で下の子が言っている。


しかし、5分たったらぴたっと揺れが止まった。
下には、海や山が見えている。



c0220337_11235239.jpg


ふぅ〜


そして、飲み物が配られ始め、スープを飲んだらすっかり気分は良くなった。
後ろで子供たちはトランプなどやって盛り上がってる。



c0220337_11242964.jpg


函館までは1時間10分のフライト。
飲み物を全員に配り終える前に、カップの回収が始まり
「みなさま、着陸体制に入ります」
と。


はやーい!!


傾き始めた夕日が機内に入ってきて、ちょっとロマンチック

と思いきや、いきなり雲の中に入り視界ゼロ。
げー、また揺れるのかな?
と思ったけれど、そんなに揺れず、雲の中から抜けたらすぐ下は函館の街並みだった。



c0220337_11281229.jpg



はぁ〜、ここまでくれば大丈夫ね。
ああ、良かった!

と無事下降を終え、車輪が出る直前にふわっと下に落ちた。
機内も
「おー!」
という声が漏れて・・・。
その後静かに着陸したけれど、ちょっと今のわざとじゃないでしょうね?


久しぶり!函館!


c0220337_11311753.jpg



早々にシャトルバスに乗り込み、8分ほどで本日の宿、平成館海羊亭に到着。
昭和レトロな宿だった。
まずは夕食まで部屋で休むことに。


かもめが
「ようこそ、函館へ」
と来てくれたよ。


c0220337_11351053.jpg
かもめをこんなに近くで見たの、初めて。




妹に、無事函館に着いたけれど、飛行機が揺れたとメールをしたら
「乗る前だったらさっき言わなかったけど、函館路線は揺れるよ」
と。



むーーーー


みんな部屋でなんとなくゴロゴロしていたら、カチッと空腹モードに。
お昼を軽くしていたから、突然モーレツな空腹が襲ってきた。


夕食まで、あと40分。





by petit_memo | 2019-07-26 21:38 | 函館旅行
今年は、唯一受験生のいない我が家。
去年下の子の高校受験が終わり、続いて今年上の子の大学受験が終わったと思いきや
来年は下の子が大学受験体制に入る。
2歳違いだとこうやって続いてしまうのだが、下の子の大学受験が終わればとりあえずひと段落かな。

で、さすがに受験生がいる年は旅行を控えていたので、今年は絶対に行きたーいと言っていて!

行き先は、食べることが大好きな我が家としては第一候補が北海道。
6月中旬頃、
「いつにしようか・・」
と話しながら手帳をぱらぱらめくっていたら、この先いつになっても4人がそろって2泊3日の日程で動ける日が見当たらない。で、けっこうすぐな7月を見ると、旦那と上の子が金曜日休めばここ!っていう日がどうにか見つかり急遽、行くことに。

行き先は、函館。
旦那と私ははるか昔に行ったことがあるけれど、とにかくのんびりまわれておいしいものが食べられて
温泉に入れれば大満足なので、すぐに決定。
申し込んだツアーは、往復の飛行機とホテル、2日目の函館山の夜景を見に行くオプショナルツアーが入っているのみ。まわる場所や食べるお店は下調べしていった。

少しでもいろいろと食べたかったからお昼には函館に着きたかったけれど、そうするとクッキーのホテル住まいが4泊5日になってしまい、内弁慶で預けられている時はほとんど食事も喉を通らなくなってしまうので、1日目の朝に預けてから出発にした。


食べることがメインだったので体調管理が重要で、旅行前はかなり気をつけていた。
にも関わらず、上の子を皮切りに熱、咳、鼻水の風邪が、私にも下の子にもうつった。
体力のある子供たちはそんなにひどくならなかったけれど、私はとんだめにあった。
特に長引く咳には閉口した。このまま止まらず、せまい飛行機の中でずっと咳をしていたら
周りに迷惑だよなあと気がかりで・・・。
でも、奇跡的に出発1週間前に復活。

なんとか無事4人、まずまずの体調で当日を迎えた。










by petit_memo | 2019-07-26 11:45 | 函館旅行

夏休み、突入?

気がつけば、もう7月も後半。
いつもなら、ついに子供たちが夏休みに突入!!という感じなのだが、
今年は、18日に下の子が終業式だったものの、旦那は普通に出勤、上の子は大学の前期が終わるのが
8月8日なので、まだ普通に登校しているからなんだか中途半端・・・っていうか、夏休みのようなそうじゃないような・・・。

でも、下の子が夏休みに入っても、部活や塾、学祭の準備などで1日中家にいないので
1学期と変わったところはあまりない。
お弁当も相変わらず作っているし・・・。

8月に入ると、子供たちは入れ替え差し替えで部活やサークルの合宿に行くから不在がち。
私は、きっとクッキーと家にこもる日々だろう。

まあ、暑いからいいんだけどね。

それにしても、今年の梅雨はいかにも梅雨らしく、こんなに長い間太陽を見なかったのはかなりしんどかった。
昨日久しぶりに夏らしい陽気になり、これでいよいよ梅雨明けかあ!!と思ったのもつかの間、
また今朝はぐすぐずしたお天気。

夏の暑さは年々しんどくなるけれど、こんなに夏が待ち遠しいのはやっぱり太陽の日差しが最高だからなんだろうなあ










by petit_memo | 2019-07-25 09:59 | うちの中のこと

選ばれました

少し前のことになってしまうのだけど、
exciteブログで、
「はじめまして令和!新年号への思い&書き初めプログ募集」
というキャンペーンを見つけ、たまたまた書いていた記事で応募したら
なんと選ばれました。

メールが届いた時は、びっくりしたのと嬉しいのでもうどうしたらいいのか・・・

ブログを書いていて、こんなこともあるんだー!!って、本当に嬉しかった。


このブログは、タイトルは何回か変えたけれど、もう10年以上続けていて
それも読者に情報を提供するという有益な内容ではなく、本当に「日記」。
一番の目的は写真を見て欲しいからということだったので、
当時のタイトルは「カメラを片手に・・・」という、写真にひとことふたことキャプションを書く
というスタイルだった。

それがいつの間にか、日記みたいになって・・・

インスタグラムが流行り出してからは、何度ブログをやめようかと思ったけれど
時々読み返すと、ああこんなこともあったなあ、あの時あんなふうに思ったっけ?
と意外に面白くて(自己満足の世界なんだけど)、細々とでいいから自分のために
書き続けようと思ってここまできた。

このキャンペーンに応募した記事も、元号が変わるこの時のことを書いておこう、くらいな気持ち
だったけれど、こんなふうに評価していただいて、とても良い記念になった。


インスタグラムが王道をいく今、ブログの意義ってなんだろうって時々考える。
インスタグラムに投稿しながらも、ブログを続けている人はたくさんいる。
文字で伝えたいことはブログの方がいいのかな


これからもやっぱりブログは書き続けると思う
時々無性に書きたくなるから。

















by petit_memo | 2019-07-24 09:56 | 嬉しかったこと

風邪をひいた

周りで流行っているとは聞いていたけれど・・・

まんまと流行りにのってしまった。

火曜日の夕方、それは突然始まった。
「これはいかん!」と思うくらいの喉の痛みが・・・
どんな薬を入れても、何度やってもうがいではまったく太刀打ちできない。
それでも、なんとか次の日のお昼までは喉の痛みだけだった。

が、その痛みが尋常ではない。
唾を飲み込むたびに、脂汗が出るような痛みで・・・

お昼過ぎに、大学生の息子を送り出してから
体力温存と横になっていたら、なにやら暑くなってきた
・・・
暑くなってきた?
熱くなってきた?

頭も痛くなってきて、暑いはずなのに寒い。

これはもう・・・

観念して、熱を計ると7度6分
だろうな・・・
瞬く間に8度3分まで上がり、モーレツな喉の痛みとなんとか痛み止めを飲まないでいられる程度の頭痛、鼻水が出始めた。

痛い、辛い、鼻がつまって苦しい・・・
その日の夜が長かったこと

が、明け方なぜかストンと平熱に下がり、その日はかなり楽に過ごせた。

午後たまたま漢方の予約が入っていたので診察してもらうと
「今、そのタイプの風邪がすごく流行っているのよ」
と言われ、ひととおりの漢方が出された。

が、その晩からまた微熱が出始め、喉の痛みは継続、鼻水がモーレツひどく
咳まで出始めた。
どうも副鼻腔炎にまでなってしまったようで、頭も痛くなってきた。
これがもう言いようのない最悪の体調で、抗生剤を飲まないと絶対に無理!!
と素人でもわかった。
翌日夕方まで頑張ってみたけれど、いっこうに良くなる気配はなく
体力の限界を感じて藁をもすがる思いで、かかりつけの内科の先生に診てもらい
風邪と診断。あんなに痛い喉も思ったほど赤くないよと言われ、
念のためにと撮ったレントゲンも異常なし。
抗生剤を含むひととおりの薬を処方してもらい、帰ってからすぐに飲んで
祈るような気持ちで寝た。


やはり今回は抗生剤を飲んで正解だったようで、それからというもの
少しずつ楽になってきた。

発症してちょうど今日で1週間だけど、鼻水が時々、そして咳が残ってる。
その咳も回数は減ってきたとは思うけれど、イガイガっとして出始めると
呼吸ができなくなるほど続き、かなり腹筋が痛い。
そんな咳が出るのに喉の痛みはほとんどない。
熱も抗生剤を飲み始めてからは一度も出ていない。
この咳さえなければ、体は元気なんだけど・・・。


喉の痛みがひどかった時は、水分を摂ることが精一杯で
アイスやお豆腐、チョコレートなど喉越しのいいものしか食べられなくなった。
しかも鼻水がひどい時は、味も匂いもしなくなった。
そんな時の唯一の楽しみは、体重計に乗ること。
乗るたびに500gずつ減っていった。
4日で1.5キロ落ちた。
元気になっても、これをキープしたーい!!
と喜んでいたのもつかの間、抗生剤が効いてくるとすぐに食欲が戻ってきた。
体重もかなり戻りつつ・・・

でもね、減量はもっと健康的にすればいいのだし、おいしく食べられるっていうのは
本当に幸せなこと。早くこの咳をどうにかして、今月中旬のビックイベントに備えたいのだ。

今回の風邪は、普通に風邪って言われているのに、ダメージがとても大きく、なぜこんなにしんどかったのか今でも不思議だけど、こういうタイプのウィルスだったのだろう。

咳のしすきで、疲れてます・・・、はい


追記
あまりに咳で苦しいので、今日もう一度内科に行って診てもらったらアレルギーもあるのかもと言われ、気管支喘息っぽくなっていたようだ。夕食後薬を飲んだらとても楽になった。風邪から咳だけ引きずってこんなことになってしまったらしい。
きっと明日からはもっと元気になるだろう。










by petit_memo | 2019-07-03 10:38 | 日常のこと

絵本からのメッセージ

小さい頃から本を読むことが大好きだった私は、読書にどれだけの時間を費やしてきただろう。

本は、いろいろなことを教えてくれる。


ある時は南の島に住む女の子だったり、ある時はバックパッカーになって世界中を旅したり・・・


違う世界に連れていってくれるのだ。




絵本よりほとんど挿絵もないような物語の方が好きだった。
絵よりも文字からの方が、その世界に入りやすかったからかもしれない。

それは、大人になった今でも変わらなかったのだが・・・




先日、絵本のバイヤーを取材する番組を見て、変わった。

絵本作家からのメッセージ・・・
絵に込めた思いは、描かれる曲線、登場する人物や動物の表情、色の使い方、
どうして涙の色がこんな色なのか、なぜこんなラフな表現なのか

ストーリーは極めて簡単で、最後に本を閉じる時に何が言いたいのかわからないことが多かったけれど、こんなにたくさんのメッセージが込められていることに驚きと
感動をおぼえた。
文字以上に込められたメッセージがあるのだと。


絵本は子供だけのものではなかった。



これから、またあらためて絵本を読んでみたい。
どんなメッセージを受け取れるだろう

なんだか楽しみが増えて、嬉しい。








by petit_memo | 2019-07-02 10:37 |