人気ブログランキング |

カテゴリ:愛媛県松山旅行( 5 )

松山のお土産

最後に今回の旅行でお土産に買ってきたものを書いておこう


なんといってもタルト
松山でいうタルトは、こちらでいうロールケーキみたいなもの
ゆずの味がする一六タルトはとても有名だし、他にもコーヒータルトや栗タルトなどもあった
でもなんといってもフツーにあんこのみのタルトがおいしくて、その中でもこの
「両陛下ご用命」のものが最高においしかった!
c0220337_11523005.jpg




何度かお目にかかった坊っちゃん団子も、見た目もかわいく味も一人前においしい

c0220337_11522492.jpg




柑橘系のお菓子も多く、下の子が食べてみたかったと買ったのが、みかん味のラングドシャ

c0220337_11523853.jpg





しまなみ海道を通って大三島に渡った時に、伯方の塩の工場のお土産やさんで買った
鯛塩ラーメン
インスタントなんだけど、素朴でおいしい

c0220337_11525142.jpg




今治から戻る途中で寄った道の駅で大量に買ったみかんたち

c0220337_11524356.jpg




そして、一番のヒットが、大島で買ったみかんジュース
もっと買えば良かったー!!
これぞ、本当に100%だよ

c0220337_11525715.jpg


他にもいくつかあったけど・・・

松山はとにかくお刺身がおいしかったな
切り方も惜しげもなく分厚く切ってあって、食べるとコリコリしていて新鮮!
みかんも甘い!それに東京じゃ知らないみかんの種類がいっぱい!

大街道を歩いていても、歩きスマホしている人はほとんど見かけず
人も空気もゆーったりしていた
車で走っていても、いい間隔でみんなが走っている
路面電車がみんなの足になっていて、それもまた風情があって・・・

良い意味で昭和の感じがした

帰り、羽田に着いて、飛行機をおりて、出口まで歩いている時のあの殺伐とした空気
みんなものすごい早歩きで、片手にスマホを握り1分たりとも無駄にできない・・・、みたいな空気

都会ってそんなものなのかも知れなくて、それもありだと思うけれど
でも、そのギャップを感じた時、今回の旅は、なんだか忘れていたものを思い出させてくれたような気がした

旅って、非日常から日常の自分を客観的に見ることができる
それは時に必要なことなのかも知れない

あの穏やかなやさしい瀬戸内海を見て、なんともいえない切ない気持ちになったのは、遠い昔を思い出したから・・・だね




松山・・・
いいところだった

ありがとう





人気ブログランキング




by petit_memo | 2018-04-25 11:50 | 愛媛県松山旅行

道後温泉と砥部焼

盛りだくさんの今回の旅行もあっというまに最終日
みなさん、お疲れ気味なのは体力的にではなく食べ過ぎによるものだと思う

が、またまた朝から豪勢なお食事

c0220337_11085779.jpg

いや、もう無理でしょ
と思うが、なぜだか食べられてしまうところが怖い・・・
このお子様ランチについてきそうなオレンジゼリーだって
食べると本当においしいのだ!だって缶詰のみかんじゃなくてほんもののみかんが入っているんだもん!

ああ、また完食してしまった・・・



そして、どーしても行きたかった道後温泉に最後のトライでついに実現


c0220337_11211263.jpg


いくつかランクがあって
・神の湯のみ、1時間
・神の湯のみ、1時間、神の湯休憩室利用、おせんべいとお茶
・神の湯、霊の湯、1時間、霊の湯休憩室利用、おせんべいとお茶
・神の湯、霊の湯、1時間20分、個室利用、坊っちゃん団子とお茶
があり、せっかくだから一番上のにしてみた。

それも平日の午前中に行ったのに、かろうじて一番上のが残っていたくらい
夜に行っていても、多分入れなかったと思う

入ると、銭湯によくある下駄箱に靴を入れ、案内されて3階の個室に上がる


c0220337_11204521.jpg


個室に入って浴衣に着替える
館内にいる時は、この浴衣でいなくてはならない

ベランダからの眺め

c0220337_11225166.jpg
昨日までは、ここを下から見ていたのだな・・・

案内されて先に霊の湯へ
女湯は小さく、湯船は深い
全体が石でできているので、重厚な感じがする
お湯も、じわーっと体の中にしみこんでくる感じだった

次に神の湯に案内されるが、私は湯あたりしそうだったので入らず姪たちを待っていた

部屋に戻ると、坊っちゃん団子とお茶が用意されていた

c0220337_11272679.jpg

c0220337_11273557.jpg

一休みした後、同じ階にある夏目漱石や正岡子規が使ったとされる部屋を見たり
皇室が使ったお風呂や休憩室、トイレなどを解説付きで見学した
解説してもらうと、見方も変わってくる

さて、時間もなくなってきたので、外に出て、お土産さんを回る
そして、お昼ご飯も・・・
お店はいくつかあるのに、しまっていたり、混んでいたり・・・
でも、最後はとってもいいお店が見つかった

名物のものがたくさんあるのだ

姪が頼んだ鍋焼きうどん

c0220337_11282184.jpg





男衆が頼んだ海賊うどん(?)

c0220337_11283453.jpg




そして、待望の鯛めし!!

c0220337_11282709.jpg


ほどよくおなかが満たされたところで、最後のイベン会場に向かった


地元のタクシーも迷ったくらいの場所にあった砥部焼が体験できる場所

上の子は、手びねり
下の子と妹たち夫婦はろくろ
私と姪たちは絵付け

絵付けだけ別の部屋でやるので、彼らがどうだったかはよくわからないけれど
絵付けは、好きな素焼きを選んで、好きな絵を鉛筆で下書きして、その上から
筆でなぞっていく

c0220337_11380872.jpg


さんざん迷って、一生懸命描いたのに、
美術ができて、なおかつ書道で筆の扱いに慣れている子供達にダメ出しされて
書き足してもらって・・・

で、みんなが作ったものは1ヶ月半後に送られてくることになっている

どんな出来であれ、旅のいい思い出だ


c0220337_11414250.jpg


この後、松山空港に行き、おばあちゃんにお土産を買って、予定通りのフライトで無事羽田に到着
帰りも、飛行機大丈夫だった!!





c0220337_11442533.jpg


空港からリムジンに乗って地元に着いた時、ついさっきまで松山にいたなんて信じられなかった

旅ってそんなものなのかもしれない




人気ブログランキング




by petit_memo | 2018-04-24 11:50 | 愛媛県松山旅行
爆睡して、目覚めた2日目
今日もいい天気だこと!!

朝食は和食

c0220337_14502226.jpg

名物じゃこ天の焼きたてをいただく

c0220337_14505603.jpg
まいう〜

姪っ子たちは、洋食で・・・
華やかで食欲をそそられるわ

c0220337_14513390.jpg




で、今日はレンタカーで今治市に向かうことになっていたので、
またまた路面電車に揺られて、松山駅に向かう

c0220337_14535685.jpg

わおっ! ぼっちゃん列車!!


松山駅前でレンタカーを借りて、出発!
生まれて初めてのボックスカー
こんな大きな車を運転できるんだろうか・・・?
いやいや、そんなことより、路面電車と一緒に走ることの方が怖い・・・

でも、街中を外れれば1本道で、まあなんとのどかなこと・・・
そして、海も見えて来る



c0220337_14554702.jpg

1時間ほど走って到着したのは、来島海峡展望館

c0220337_14574126.jpg
ガイドの写真と同じ風景だー!!

そして、このしまなみ街道を渡って、大島の「道の駅 よしうみいきいき館」へ

自分で選んだ海鮮を七輪で焼いていただく

c0220337_15011257.jpg

でも、これだけじゃおなかが満たされないので、隣のお店で続きを・・・


とろとろのわかめのサラダ
c0220337_15020318.jpg


鳥の唐揚げ
c0220337_15032614.jpg



鯛のお茶漬け
c0220337_15042910.jpg

c0220337_15040876.jpg

出汁がきいていて、美味しかった〜


おなかが満たされたけれど、もう少し時間がありそうだったから
大三島まで足をのばしてみた

大三島には、伯方の塩の工場がある
受付時間には間に合ったのに、機械のメンテナンスに入ってしまい、つくっているところは見られなかった
でも、せっかくだからと



塩のソフトクリーム
c0220337_15064389.jpg
普通のソフトクリームに粗い塩をかけていた・・・


そろそろ日が傾いてきたから帰ることにしたけれど、
あまりに瀬戸内海が穏やかできれいだったので、路駐して波打ち際におりてみた


c0220337_15093367.jpg


c0220337_15094742.jpg


なんか、うまく言い表せないけれど、こんな気持ちになったのは何年ぶりだろう
子供の頃を思い出すあの気持ち・・・



また、しまなみ街道を戻り、今治から南下していく

c0220337_15152056.jpg


途中、道の駅に寄った

大きな袋に45個も入ったみかんが650円で売っていた
あまりに安いので、他のみかんやお土産と合わせて自宅に送ってもらった



c0220337_15155861.jpg
なぞなぞをしながら、そして、松山市内に入って路面電車にビビりながら
レンタカーを返したのは、7時過ぎだった

通勤の人に混じって、路面電車で宿に戻る
地元の人みたいな感覚になったけれど、おりた駅は終点の道後温泉駅
いっきに観光客に戻った

道後温泉に来たからには、ここの温泉に入らなくては・・・
と横目に見ながら宿に向かう

c0220337_15165915.jpg


時間も遅かったので、部屋に行かず、食事の部屋に直行


c0220337_15183097.jpg
(ああ、いつもこうやってセッティングされていたら、夕飯楽なのになあ・・・)


今夜は洋食

c0220337_15195716.jpg

c0220337_15201308.jpg

c0220337_15202764.jpg

c0220337_15211404.jpg

c0220337_15213215.jpg


どれもおいしくて、食べ終わったら満腹と疲労でお尻に根が生えたみたいに動けなくなりそうだったけど
それでもなんとか部屋に戻り、姪たちと温泉に入って、また爆睡

ううっ、今夜も道後温泉には行けなかった




人気ブログランキング




by petit_memo | 2018-04-20 15:24 | 愛媛県松山旅行

大街道で妹たちと無事合流
ずいぶん遠い場所で、待ち合わせだな

で、さっそく松山城にのぼってみた
面白いからリフトで上がる

そして、お城に行く前に直行したのがお土産やさんというかお食事処


桜ソフト?

c0220337_12165493.jpg


坊っちゃん団子などをいただく

c0220337_12172924.jpg


そして、ようやく歩き始めて、お城へ
坂道が続くけれど、桜もきれいだし、高台からの景色も最高!

c0220337_12185206.jpg


そして、松山城もご立派!

c0220337_12142844.jpg

恐ろしく勾配の急な階段を上がったり


c0220337_12202798.jpg


でもツアーじゃないから、戻る時間も気にせずゆっくり見られてとても良かった

とはいえ、リフトの時間もあったので5時には退散
係のお姉さんたちも
「お疲れ様〜」
と言いながら、今日のお仕事は終わりのようで・・・


c0220337_12220095.jpg

陽も傾いてきたので、宿に向かいますか




地元の人に混じって、路面電車に乗る

c0220337_12383381.jpg




路面電車に揺られて向かった先は道後温泉
c0220337_12251191.jpg
坊っちゃん電車が停まっていたり、からくり時計があって観光客が記念撮影でごった返していた



お土産さんが並ぶアーケードを歩いていくと、正面にあの「道後温泉」があり


c0220337_12401139.jpg


「これが、あの千と千尋に出てくるのだね」
とワクワクしながら、宿に向かった

そのお宿はこちら
大和屋本館でございます〜


c0220337_12292310.jpg

これは部屋の一部だけど、
セミスイートの21畳で完全に区切られた2部屋の和室とトイレとヒノキのお風呂付き

そして、夕食は下の階におりて、こんなところを通って
c0220337_12323610.jpg
個室でいただく

1泊目は和食懐石で・・・

c0220337_12335291.jpg
せとかが甘くて美味しかった〜



温泉につかった後は、部屋でまったりアイスまで食べてしまい・・・

c0220337_12345268.jpg


初日から張り切って歩いちゃったけど、なんかすごく楽しい!


c0220337_12354404.jpg

人気ブログランキング




by petit_memo | 2018-04-17 12:45 | 愛媛県松山旅行
バスで走ること、約30分
街の中心地、大街道に着いた



c0220337_11213055.jpg

路面電車も走る大きな通り
ライオンがお出迎えの三越もあったり・・・(ここのロッカーに荷物を預けた)



c0220337_11254235.jpg

こんなキャラもいたよ!


c0220337_11261463.jpg


で、さっそく名物を食べたいということで、事前に調べておいたうどん屋さんへ



c0220337_11270252.jpg

日曜日だったので、しまっているお店が多かったけど、
ここはあいていた

入ると、先客がいて、なにやら店主と話していた
私たちが入っていくと
「メニューが一つしかないんだけど、いいですか?」
と聞かれ、なんだかすごーくローカルな感じがして、それが良くて・・・
店内も、昭和の香りで満たされていた

食べ方は以下の通り


c0220337_11293483.jpg

店主が、うどんの由来から食べ方まで、ゆったりとした口調で語る


薬味が並べられて・・・

c0220337_11313473.jpg



いりこだしに薬味を一つずつ足していきながら・・・

c0220337_11321009.jpg



うどんを食べる!!

c0220337_11333202.jpg


このうどん・・・
もちもちしていて、薬味とだしと一緒に食べると本当においしかった
塩分が少ないのも嬉しい!!
最後に天ぷら(天かすではない)を入れると、最高!!

あっという間に、食べ尽くした

名物だったし、おいしかったし、東京では絶対に食べられなさそうで、大満足!!
これこそ、国内旅行の醍醐味!!




ということで、次はデザート



c0220337_11380910.jpg

なんとなく入っちゃったけれど、フライングスコッツマンという人気のカフェだった!
パンケーキ、外側はサクサクでおいしかったー!!


そして、お腹も満たされたところで、まだ妹たちが来るまでに時間があったから
すぐ近くの観光スポットに行ってみた



なにやら素敵な洋館が見えてきたが・・・

c0220337_11420925.jpg


桜の咲くきれいな道を上がっていくと、


c0220337_11431766.jpg
萬翠荘です

中も、天井が高くて素敵だったな

c0220337_11500674.jpg


c0220337_11501500.jpg



c0220337_11520915.jpg


漱石珈琲店(名前がいい!)でお茶でも良かったなあ・・・



ゆっくり見て、写真を撮ったりしていたら、
そろそろ妹たちのバスが着く時間になった


c0220337_11534634.jpg

あっ、スタバの路面電車!!
なんて言いながら、妹たちの到着を待つ




人気ブログランキング




by petit_memo | 2018-04-11 11:57 | 愛媛県松山旅行