今日という日はもう二度と戻らない。この瞬間も…。だから大切な時間の記録を残したい。あとで読み返した時に、くすっと笑えるように。ストックフォト撮ってます。 当サイトの掲載物の無断掲載、転載、複写、複製は固くお断りします。


by petit_memo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:写真( 35 )

ストックフォトをご存知ですか?

企業が自社のために、個人がブログに使うために・・・
などの目的で撮って販売する写真のこと。
その写真を売る時にお世話になるサイトはだいぶ増えて色々あるけれど
私は、PIXTAAdobeStockSnapmartPhotolibraryで販売している。

販売するには審査に通らなければならないけれど
Snapmartは審査なしで携帯から出品できる。
一番お手軽。

ただ、売れている写真を見ると、一番私のテイストに合っていない
というか、若い人の感覚が前面に出ている感じがして
どうしたものかと思っていた時期があった。

でもでも手軽さには勝てず、細々と続けていて、たまにはぽつっと売れたり
フォトコンには参加してみたり・・・。

Snapmartは

・普通に自分の写真を売って利益を得る
・フォトコンテストに参加して賞金をもらう
・アンバサダーに選ばれて、さらに写真が選ばれたら賞金をもらえる

などの方法があり、先日初めてアンバサダーにトライしたけれど
スタイリングした写真をあまり出したことがなかったこともあったのだろう、
アンバサダーにはなれなかった。

そんな矢先、「受験勉強」といお題のフォトコンテストが開催されることになり、
センター試験目前のバリバリ現役受験生がいるので、これは撮らない手はない!
と気持ちを切り替えて、勉強中の上の子の部屋に行き、ごついカメラを片手に

「ちょっと失礼! あっ、気にしないで勉強してて」
と横から、斜め後ろからパシャパシャ!
消しゴムのメーカー名を入らないように勝手に動かしたり、かなりお邪魔だったけれど
嫌な顔一つしないで付き合ってくれて・・・。

出品してみると、けっこう「いいね」をもらえて、なんと昨日入賞のメールが届いた!!



c0220337_10550453.jpg


まじかー!!
嬉しい!!
まったくスタイリングなしのリアルな写真!


いやいやいや
本当に嬉しいです。
選んでいただいた企業様に感謝。

これからも、若い人に負けず独学でスタイリングを勉強して
日々精進します。

ありがとうございました。











by petit_memo | 2019-01-18 11:01 | 写真

おにぎりアクション

以前、友達に教えてもらった「おにぎりアクション」。

SNSに「#OnigiriAction」というハッシュタグをつけておにぎりの写真を投稿すると、
投稿1枚につき協賛企業から給食5食分相当(100円)の寄付が発展途上国になされるという企画。

教えてもらっていたのに、つい朝バタバタで写真を撮るのを忘れてしまっていたのだが、
今日ようやく忘れずにパチリ!
高校生が部活後塾に行く前に食べるおにぎりなので、繊細さよりがっつりということで、
昆布がはみだしております・・・。


子供達がおいしい給食を食べられますように・・。


c0220337_11545246.jpg

追記 : これを書いた後、この企画を教えてくれた友達からコメントが入り
「今年はこの企画、もう終わってしまったよ」と・・・。
こんな昆布だらら〜んのおにぎりの写真を公開して恥ずかしい・・・。













by petit_memo | 2018-12-19 11:55 | 写真
vivipriという写真のプリントサービスのインスタで、

「ペットの写真をハッシュタグをつけて応募すると、毎日1名20枚無料でプリントできるチケットが当たる!」
というキャンペーンをやっていたので、何枚か応募してみたら、
翌日、当選のDMが!!

こんなの、初めて!!

vivipriのアカウントで紹介してもらえるとか!

嬉しいです!

当選したのは、この写真↓

c0220337_12345963.jpg






人気ブログランキング




by petit_memo | 2018-05-15 12:37 | 写真

写真

写真て、なんて奥が深いんだろう。
1枚の写真を見てこんなに胸がキュンとなるなんて…。

その写真を撮った人は言う
「ただ目の前のことを撮るだけじゃなくて、自分の思い描いた世界を表現することが
写真だと思う」
と。

私も、そんな写真が撮りたい。

ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
by petit_memo | 2016-05-22 07:52 | 写真

胡麻の影

ある朝、ごまがたくさんついたパンを食べた。
食べ終わったお皿を下げたら、朝日に照らされたごまの影が・・・。

なんだかおかしくて、パシャッ!


c0220337_15295391.jpg


ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
by petit_memo | 2016-03-31 15:30 | 写真

New FM2

あの時、なぜ突然フィルムで撮りたくなったのか。

夢中になって、銀塩カメラを探して、これまたタイミングよく、
欲しいなと思った機種が中古カメラ屋さんにあって…。


Nikon New FM2


3年前に亡くなった叔父が、カメラ好きで、Nikon派だった。
父を経由して、私が使うことになった初めての一眼レフ、F601。
このカメラとの出会いが、写真を撮り始めたきっかけだ。
旅行にはたくさんのフィルムと一緒にいつも持って行った。

けれど、いつしか時代の波にのまれ、デジタルを使うようになっていた。


今年初め、父が亡くなった。
あまりの現実に、写真が撮れなくなってしまった。
撮りたくても撮れなかった。
撮り方がわからなくなった。

撮りたい気持ちと撮れない気持ちの葛藤の中で、昔のことをよく思い出すようになった。

母とよく行った古本屋さん、
部屋でよく聞いたレコード、
おばあちゃんの家にあった昔の写真…

そう、フィルムで撮った写真…

デジタルのパキパキの写真じゃなくて、アナログ独特の優しい色の写真を
撮りたくなったのだ。
昔に戻りたくて…
父や母が元気な頃に戻りたくて…。

New FM2は、完全なマニュアルカメラ。
ISOも、露出も、シャッタースピードも自分で設定しなくてはならない。

構図を決めて、設定して、息を止めるくらい全霊を込めて、シャッターを切る。
その1枚にかける思いは、デジタルでは考えられないくらい重いものだった。

初めてシャッターを切ったときは、あまりに手に感じる衝撃と音の大きさに驚いた。
フィルム1本試写したけれど、予想をはるかに超えた写真が撮れていた。
試写であっても、この時こんなことを思って撮ったよな、あんなこと思ったよな…と気持ちまで写り込んでいた。

そんな写真を見て、ようやくまたシャッターを切れるようになったのだ。

New FM2は、そのために私のところに来てくれたんだと思う。
ありがとう。



c0220337_1116628.jpg



ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
by petit_memo | 2014-12-02 11:16 | 写真

日常のキラキラ

今朝の朝刊を読んでいたら、有名な写真家のインタビューが載っていた。

奇抜というか、素人はなかなか撮れない被写体の作品が多い人だけど
「日常や平凡なことに大切なものが潜んでいる」
という彼の言葉には意外なものを感じた。
そして、長年撮り続けるエネルギーの源は、伴侶や親、ペットの死だとも。

身近な存在を失うことに寄って、考えること、見えてくるものが変わってくると思う。

昨日、
「なんで、最近写真撮らないの?」
と子供に聞かれた。

イベントがあれば、相変わらず撮っているつもりだったけれど、
きっと以前のようには撮っていなかったのだと思う。

確かに、まだ純粋な気持ちでシャッターが切れない。
まだそういう気持ちになれない。

ああ、こういう写真を撮りたいと思うんだけど、実際シャッターを切る前に
その気持ちがどこかに行ってしまうのだ。

でも、無理しないでいいと思ってる。
必ずまた撮りたくなる時が来るから。

子供って、よく見てるな…。



c0220337_12434114.jpg


ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
by petit_memo | 2014-05-22 12:44 | 写真

中川正子氏

ずいぶん前、本屋さんをぶらぶらしていた時に、偶然見つけた中川さんの写真集。
こんなに何度も見る写真集はないほど、時々ページをめくる。
写真を見るたびに、何かかきたてらるような気持ちになる。

それ以来、彼女の写真はブログやFBなどで拝見しているのだけど、
東京で写真展をすることになったことを知り、彼女の在廊の日を目指して見に行った。

雪がちらつくような寒い日、ちょっとドキドキしながらようやく見つけたその場所は
住宅街の中にある隠れ家のような空間だった。

窓の近くの席で、ゆっくりコーヒーを飲みながらくつろぐカップル
みんなでおもちゃやお絵描きで盛り上がる子供たち
静かにコーヒーをいれるマスター

その中に中川さんはいた。

うわぁ、ホンモノの中川さんだ〜
アイドルに会えたような感動・・・。

頃合いを見て声をかけてみると、気さくに話してくれて一緒にいた私の家族にも声をかけてくれた。
写真集にも直筆でメッセージを書いてくれて、一緒に写真も撮ってくれた。

なんだかドキドキしてしまって支離滅裂だったけれど、とにかく中川さんの写真が大好きだということを伝えた。

中川さんはなんといっても声が素敵だった。
人をひきつけるような、そして安心して何でも話せる…そんな気持ちにさせてくれる声。

彼女の写真にこんなに魅了されるわけがわかったような気がした。


彼女はキラキラしていた。



そんな彼女からのメッセージ

We can begin anew at any time.
Filled with hope, love and light.


今、思うと、亡くなった父からのメッセージでもあるかのように思える。

c0220337_1112075.jpg




ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
by petit_memo | 2014-05-15 11:17 | 写真

さくらんぼの撮影

先日、フォトストック用にさくらんぼの撮影をした。

毎年、山形の親戚から送られてくる佐藤錦。
最高に甘い♡

せっかくなので、食べる前に撮影を!

はじめは手持ちで撮っていたけれど、どうしても微妙にぶれるので
よっこらしょと三脚を出した。

う〜ん、やっぱり安定してるな。


c0220337_11204197.jpg




申請したら、すぐに通ったよ!
売れるといいなあ〜








ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
by petit_memo | 2013-07-31 11:17 | 写真

PHOTO IS

以前、参加したことがあるから、毎年「PHOTO IS」のメールが来る。
今年も、作品受け付け開始のメールが来た。

このメールが来ると、春を感じる。

写真て、考えれば考えるほど不思議なものだ。
音でもなく、字でもない、その時の情景が残せるのだから。

親でも、我が子の数年前の顔を正確に思い出すことは不可能である。
写真があるのは、ありがたいことだ。

情景だけではなく、撮った時の気持ち、空気、匂いまで思い出すこともある。

これからも、もっともっと撮りたいと思う。
撮り続けたいと思う。




ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
by petit_memo | 2013-03-21 09:25 | 写真