東工大 大岡山キャンパスへ

c0220337_17001324.jpg




高校生向けイベントがあったので、行ってきた




そのイベントとは・・






c0220337_16523029.jpg




東京工業大学の大岡山キャンパスで開催された、「ホームカミングデイ」








c0220337_16540274.jpg

正門の表札(?)が、ものものしい・・・






地学や物理に関する高校生向けの講義や実験があったり、




かの有名な(?)チーズケーキと言われる図書館の見学ツアーがあったり

c0220337_16555382.jpg


スーパーコンピューターを見せてくれたり


c0220337_16564568.jpg



国立大学だから、とても地味な感じで、男子学生が圧倒的に多い
でも敷地内は、犬の散歩をしている人もいるし、小さい子を遊ばせている家族もいる


c0220337_16582679.jpg







樹齢何年だろう?というようなご立派な木も、1本や2本ではなく・・・

c0220337_16593854.jpg



時計台の素敵な建物は何かしら?と入ってみると、どうも大学院の校舎のようで



c0220337_17015754.jpg


ああ、こうやって我が子も生徒としてこんなふうに歩く日が来るのかしら・・・?


そして、3時半から始まったノーベル賞を受賞した大隈教授の講演会があり、
せっかくなので聴いてみることに

主に、受賞したテーマ「オートファジー」についてのお話しだった
専門用語が続くとモーレツな睡魔に襲われたけれど、もう少し噛み砕いた話になるととても興味深かった


(私の隣で聴いていたおじいさんが、ほとんど寝ていてしかも寝言まで言っていた)


教授の話す言葉の選び方がとても新鮮だった

今やオートファジーの研究はとてもメジャーなものになったけれど
はじめは誰も興味を示さなかった
それでも、自分の中にあった疑問を解き明かしていくことが面白かった
若い人たちには、流行っている研究テーマだけではなく、誰も見向きもしないようなことへも
関心を持ってほしい
人と違うことでも恐れないでほしい

という言葉はとても心に残った


最後は、盛大な拍手と大きな花束の授与があって終わった

ほとんど寝ていた隣のおじいさんも、まるで全部聞いていましたよ〜と言わんばかりの盛大な拍手を送っていた
(笑えた)


会場を出ると、正面にノーベル賞のメダルが飾ってあった

ああ、なんて素晴らしい・・・
このメダルを手にするまで、どれだけの月日が流れ、どれだけの研究がなされたか


たくさんの刺激をもらった1日だった



c0220337_16581155.jpg


人気ブログランキング




[PR]
トラックバックURL : https://petitmoon.exblog.jp/tb/29519179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by petit_memo | 2018-05-28 12:50 | お出かけ | Trackback