子供の修学旅行出発で、4時間半しか寝ていなかった日、
大学時代の友達と江ノ島に行った
久しぶりの海に、わくわくしていた

在来線を乗り継いで90分で到着
最高の天気と最高の気温で、テンションマックス!!
もう本当に気持ちよくて、ため息しか出てこなかった

友達は引っ越す前まで、ひとりでふらっとよく来ていたらしく、江ノ島通なので
ランチのお店はおまかせ
予約でいっぱいだったけれど、開店と同時に入って、喫煙席のテラスへ

風も通るし、誰もタバコを吸わなかったので、喫煙席といってもまったく問題なし

c0220337_10562483.jpg

こんな風景を真横に、ランチって・・・!

出てきたメニューはこんなに長く・・・

c0220337_10571318.jpg
たくさんあって、選べない!
ワインの種類も半端ない!

結局私は100%グレープフルーツジュース、友達は
「やっぱりビールでしょ」
っとジョッキでビール



c0220337_10593253.jpg
最高っす!

サラダやガーリックトーストをシェアして、メインはやっぱりお魚よね
ということで、私はカジキマグロのソテー、友達は本日の魚(なんだっけ?)



c0220337_11011849.jpg

ぶりぶりしていて、おいしかった〜

ランチを堪能したところで、まだ12時半だったから、江ノ電に乗って行けるところまで行ってみよう
って、2駅先の鎌倉高校前まで行って一駅歩いてみることにした

片瀬江ノ島から、ぶらぶらと江ノ電の江ノ島駅まで歩く
海の青さが本当にきれいだった
ちょっとハワイを彷彿させるかわいいお店を覗いてみたり、 
「お金貯めて、今度はハワイに行こう!」なんて話したり・・・

江ノ電の江ノ島駅に着いた
「Suica、使えるよね?」
と言っていたら、こんなものが!

c0220337_11060931.jpg

へえ〜、さすが日本!
やろうと思えば簡単にスルーできちゃうのに、これでいいんだ!

ホームに入ると、ところどころ今っぽくなってきてしまっているところがあって少し残念だけど
まだまだ江ノ電独特の良さは残っていて・・・


c0220337_11075714.jpg


この時期、夏が終わって、まだ紅葉でもなく、遠足の時期でもないようで、ほどほどの観光客だけだった


江ノ電のこういう景色が好き!


c0220337_11105261.jpg

鎌倉高校前で降りると、工事をしているところが多く、写真を撮っても
おじさんのヘルメットが写ってしまうので、少し線路沿いを歩いてみた




c0220337_11122727.jpg



簡単に線路内に入れちゃう
これで線路に入って、写真を撮ってツイッターにあげたら、怒られるのかなあ
なんて話しながら、線路には入らないでてくてく

ちょっと良さげなお店を見つけたので、お茶できるか聞いたら、まだランチのみだから
と近くの姉妹店を教えてもらって、そちらへ

階段を上がると、ひょー!!!!
最高の景色が私たちを待っていた!


c0220337_11154619.jpg


初めは貸切状態
注文するのも忘れて、二人で写真、パシャパシャ!

気がつくと、あんなに青かった景色がなんとなくオレンジになってきて
「そろそろ日が傾いてきたね。帰ろうか」
って友達が言ったので、名残惜しくまた江ノ電に乗って帰ってきた




常日頃から、いろいろと写真を撮りたいと思っている私
でも、今は受験生抱えているし、旅行はできないし・・・って半ばあきらめていた

でも日帰りで行けるこんなに素敵なところがあるじゃない!!

もっともっと撮りに外に出よう
もっと時間を上手に使おう

だって一度きりの人生だから


c0220337_11222320.jpg




人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-10-07 10:50 | お出かけ | Trackback

とっておきの風景

先週の金曜日から下の子が修学旅行だった
行き先は、お決まりの京都・奈良
そして、出発の日の集合時間は最寄りのJRの駅近くに6時

余裕を持って、5時40分に出るには・・・
げーっ !!!
4時半起き!!!

寝たんだか寝てないんだかわからないうちに目覚ましが鳴り
一生懸命お弁当を作って、車で集合場所までレッツラゴー!!

でもね・・・
外に出たら、もう眠気なんて吹っ飛ぶほどの最高の朝の景色が広がっていた
起きた時は真っ暗だったんだけど、出る頃には、太陽が

「おはよー!!」

って感じで

帰り際、車をとめて、iPhoneだったけれど撮った
いや、もう撮らずにはいられなかった

早起きは三文の徳というけれど、ほんとうにそうだ
こんな景色に会えるのなら、たまには早起きしてもいいって思った

朝って特別な時間だなあ




c0220337_10352143.jpg


人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-10-05 10:28 | 風景 | Trackback

先日の読売新聞の「生老病死の旅路」という欄に載っていた
養老孟司氏の言葉が忘れられない

生老病死とは人間にとって自然なこと
少しでも自然の中で過ごすようにし、意味のないものを見ればいい
自然は意味のないものだらけ
あるのだからしょうがない
そう考えればいい
自分の死を考えてじたばたしても仕方がない
どうせ死ぬのですから、糖尿病と診断されても気にしないことにしているし
たばこをやめようとも思わない
それよりは、どう生きるかを考えた方がいい


かなり要約しているけれど



私は両親の死に会って、突然ものすごく死を身近に感じるようになって
どうしたら死なないだろうとまでは思わなかったけれど
生きるってどういうことなんだろうってよく考えるようになった
小林麻央さんが亡くなった時も、とても他人の死とは思えなかった

いろいろと自分なりに考えたけれど、今の自分の中で出た答えは
何かあっても自然にまかせよう
それが私の人生なのだと
そして、先のことは誰にもわからない
だから、今を精一杯悔いのないように生きよう
ということだった

まるで養老氏は私の気持ちを代弁してくれているかのようだった





人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-10-03 10:20 | ひとりごと | Trackback

お気に入りのネックレス

1年前、とてもお気に入りでいつもしていたネックレスが、突然なくなってしまった。

旅行から帰ってきて、カバンの中をいくら探してもなかった。

しばらくの間、いろいろなところを探したけれど、結局出てこなかったので
似たものを探そうって出かけるたびにアクセサリー売り場を覗いていた。
でも、どうしてもこれっていうものか見つからなかった。

そんなある日、うちの車の後部座席に座っていた下の姪っ子が
「なんか落ちてるよ」
と拾い出したのが、そのずーっと探していたネックレスだった。

なんで?
そんなところに?

この1年の間、車の座席の下を何度も見る機会はあったはずなのに、どうして気がつかなかったんだろう?
小さい子ならではの低い目線で見つけてくれたのだ。



遠い昔、母からもらったネックレス


わたしのところに戻ってきてくれて、本当にありがとう


c0220337_17442496.jpg




人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-09-15 17:45 | 雑貨 | Trackback

RAMO FRUTAS CAFE

それで(って、昨日のつづきね)、ひととおり見た後、下の階におりて
RAMO FRUTAS CAFEに入って、ひとやすみ。

たまたま席があいていてすぐに座れたけれど、ちょっとしてから入り口を見たら
並んでいる人がいた。ラッキーだった!


注文したのは、旦那がバナナキャラメルパフェ

c0220337_19282379.jpg


私は季節限定の葡萄と梨のプディング

c0220337_19290319.jpg

わぁ、ちょっと量が多くて食べきれるかなあと一瞬迷ったが
全然甘すぎず、さっくりしていてさっぱりしていて美味しかった!

お店の雰囲気も良かったし、窓際の席だったら銀座四丁目の交差点を行き交う人が見られただろう。
(私たちは一番奥の席だったけど・・・)
テーブルの間の空間が、「隣に他人がいるんだけど、気にならない」計算された距離で感動した。

しばらくまったりした後、すぐ近くのアップルストアと伊東屋を覗いて、
そろそろ陽も傾いてきたから、電車に乗って帰った。

最寄りの駅に着いた時
「ああ、帰って来た〜」
って妙な安堵感があったのは、毎回のことなんだけど、なんなんだろう?




人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-09-13 12:24 | food | Trackback