<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前日何も問題なく撮っていたのに、翌日愛機のD610のファインダーをのぞいたら、けっこう目立つゴミが見えた。

なんで、急に?

買った量販店に電話で確認してから持って行ったにも関わらず、
「ここでやれることは、ご家庭でブロアで吹き飛ばすのと同じことくらいで、それをやったがためにもっとほこりがひどくなると責任もてないので、新宿のニコンサービスセンターに行った方が確実です」
と言われ、GW真っただ中新宿まで行くのは混雑が予想されたので、
翌週の平日に行ってみた。

新宿西口エルタワーの28階にある。
エレベーターのドアが開いて、目の前に広がった都会の風景は素晴らしかった。
天気が良かったので、スカイツリーまで見えた。

センターの中に入ると、整然と並べられたニコンの商品があり、ちょっと気になってチラチラ見ながら、奥のカウンターに進んだ。
もしゴミがかなり奥まで入っていたら工場での修理になり、お時間10日から2週間、費用18000円くらいになりますと説明を受け、とりあえずお願いすることにした。
開店早々に行ったせいか、待ち時間40分というので、そのままフロアで待つことにした。

店内をじっくり見てみよう。
豊富なパンフレット、作例のファイル、あまり見たことのないアクセサリー…
量販店に雑多に並べられているのと違い、ひとつひとつ丁寧に扱われている感じが良い。
ギャラリーにも写真の展示があり、素晴らしい写真に見入った。

最後に見つけた写真集を見ているうちに時間になり、カウンターに行ってみた。

どうか、ここできれいになりますように…

「大丈夫でした。きれいになっていると思いますので、ご確認ください」
と言われ、ほっとしながらファインダーをのぞくと

きれぇ〜

すぐに私の手元に戻って来て、なおかつ費用も514円で済んだ。
またまたホッ!!

ズームレンズをつけていてゴミが入ったのだが、広角側にしたり望遠側に回している時に、どうしても小さなゴミが入ることがあり、本体の方で静電気が起こるのでゴミが奥に入っていってしまうとのこと。
まあ、どうにも気をつけようがないのだけど、とにかくここに持ってくればことが解決することがわかり、安心した。 

待っている間に見た数枚の写真に感化され、もっともっと撮りたいなあと思った。
修理してもらった以上に得たものがあった1日だった。


c0220337_08471561.jpg


[PR]
by petit_memo | 2015-05-28 08:50 | camera | Trackback

姪っ子とデート

今日は午後から下の姪っ子とデートだった。

1時に幼稚園に迎えに行った。
私より先に姪っ子が私を見つけてくれて、元気良く出てきた。
私はまだお昼を食べていなかったので、姪っ子が好きなポテトがあるモスバーガーに
行くことにした。

車を降りて歩く時は、必ず姪っ子の方から手をつないでくれる。
ちょっと嬉しい。

ようやく涼しい店内に入ると、姪っ子は、大好きなポテトとオレンジジュースをほおばりながら、幼稚園での出来事を沢山話してくれた。
話しを聞きながら、子供の世界もいろいろ大変ねと思う。

食べ終わってから、近くのおばあちゃんの家に遊びに行った。
不意のお客さんで、おばあちゃんは大喜びだった。
最近ちょっとふさぎ気味だったけど、顔がほころんでいた。
子供の力ってすごい。

なんだかんだしているうちに、陽も傾き始め、帰る時間になった。

家に着くと、姪っ子はお気に入りの水着に着替えてくつろいでいた。
私が帰る時は、何度も何度も
「バイバ〜イ」
って、言ってくれた。

少し前まで赤ちゃんだったのに、なんだか不思議な時間だった。



c0220337_10455413.jpg



ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by petit_memo | 2015-05-26 20:29 | こども | Trackback

また1週間が始まった。

子供たちは、月末の運動会に向けて、練習が始まるようだ。

旦那が
「じゃあ、行ってくるよ」
と出て行き、10分後に子供達が出て行く。

今朝の下の子の荷物はいじょうに多かった。
重いリュック、部活の剣道の防具、授業で使う書道の道具、かっぽうぎ…

抱えきれない荷物の一つを上の子が持ってあげて、二人で
「行ってきまっス」
と、足早に出ていった。

玄関のドアをあけると、キラキラ太陽の光が眩しかった。

こんな平凡な朝に、すごく幸せを感じた。


c0220337_1743115.jpg




ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by petit_memo | 2015-05-18 07:53 | ひとりごと | Trackback

挑戦

先日、何かの冊子を読んでいたら、認知症予防の一つに
「料理をするのに、いつも同じメニューではなく、新しいメニューに挑戦すること」
というのがあった。

くう〜

痛いところをつかれたが、確かに良い方法だと思う。

昔、よくおばあちゃんが
「女の人が台所にたたなくなったら、ボケるよ」
と言っていた。

料理は、数学でもあると思う。
どの手順で、何から作ればいいか?
引き算のような足し算のような…

この連休中、家の中を整理していたら、昔のオレンジページやレタスクラブがごっそり出てきた。
料理のページの切り抜きもある。
そのまま捨てようか思ったが、結婚したての私に
「二度同じ料理は作らないくらいの意気込みで、やりなさい」
と母が言った言葉が蘇り、この出てきた雑誌のメニューを片っ端から作って、作ったら捨てようと
一大決心をした。

さあ、どこまで頑張れるかな?


レタスクラブ 2015年5月10日号<レタスクラブ> [雑誌]




ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by petit_memo | 2015-05-04 10:28 | ひとりごと | Trackback