アゲハチョウ

今年も下の子が、学校の木にアゲハチョウの幼虫を見つけて持って帰ってきた。
さっそく葉っぱを入れて、時々見ていたけれど、ちょうど週末入れていた葉っぱが枯れて
とてもじゃないが幼虫が食べられる状態ではなくなった。

週末は学校には入れない。
近所にみかんの木はない。
ネットで他に何か食べないかと調べたけれど、簡単に手に入る物はなかった。

日曜日の夜
「明日一番で葉っぱをいれてもらいなね。それまでがんばりなね」
とカサカサになった葉っぱにしがみついている小さな青虫に私は話しかけた。

下の子はこれに懲りて
「今年は学校で飼う」
と言って、そのまま学校に持っていった。

青虫がハグハグと無心に葉っぱを食べる姿が好きで、それを見られないのはちょっと残念だったけれど
でも、また同じ事態が起きると困るので、断念した。

時々、下の子が
「さなぎになったよ」
とか
「さなぎが黒くなったから、もうすぐ成虫になるね」
と教えてくれた。

そして、おとといついにアゲハチョウになった。
去年はクロアゲハだったけれど、今年は普通のアゲハチョウだとか。

昨日、学校から持って帰ってきた。

「お母さん、来て!!はなすから…」
と言うので、玄関先まで出た。

飼育ケースの蓋を開けてもなかなか飛び立たない。
小雨が降っていたので、いきなりこの空の下にはなして大丈夫だろうか…。


下の子が小枝に蝶を乗せて持ち上げた途端、空高くはばたいていった。

最初はぎこちなく…
だんだんしっかりと…

隣の家の屋根の上に見えなくなったかと思うと、また戻ってきて、
また別の家の屋根の向こう側に行っても、また戻ってくる。


でも、やがて見えなくなった。

去年もこの瞬間、とてもせつなく寂しかった。
いつか自分の子がこうやって自分のもとから巣立っていく姿とだぶって。

今年はそれがさらに1年近づいた分、リアルだった。


「頑張って生きるんだよ」
心からエールを送った。



ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by petit_memo | 2013-06-21 12:33 | 日常のこと | Trackback

先日夕刊を読んでいたら、80歳でエベレスト登頂に成功した三浦さんのインタビュー記事が載っていた。


ここ数年人間ドックに行くことがとても怖くなった私に…

「自分らしく、楽しく生きる。そのためには健康がカギになりますが、もう年だからと守るだけでなく、もう少し挑戦的な健康法もあってもいい。体は今あるものを守ることに徹すると次第に衰えます。でもどんな年齢でも、目標を持って訓練すれば、筋力も機能も向上できる。もっと強く、元気になれます。」



すぐ挫折しがちな私に…

「地味な世界でもいい、身の回りの小さな目標でもいい、できないと思ってきたことに挑むこと。成功するかは分からないけれど、まず一歩を踏み出し、あきらめずに続けること。
それが夢を持つということなのです。」


私にとっても勇気をくれた言葉の数々。

三浦さんの顔写真も載っていたが、それはそれは良い表情で目がキラキラしていた。


何歳でも夢を諦めない

三浦さんのすべてが、この言葉に凝縮されていると思う。




c0220337_16453157.jpg




ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by petit_memo | 2013-06-20 08:38 | ひとりごと | Trackback

中学の運動会

6月最初の土曜日のこと。

上の子の中学初めての運動会があった。
雨が懸念されたが、まあ見事に晴れて、見ている私は軽く熱中症になったほど。

観覧席の確保に大変だと言われる小学校の運動会も、私と旦那が分かれて撮影するので、もともと席取りには参加していなかったけれど、中学はそんな争奪戦なんてないと聞いていたから、開会式ぎりぎりに行った。

今年運動会委員をやっていた上の子はクラスのプラカードを持って先頭で入場。吹奏楽部の演奏に合わせてちょっと得意顔に歩いていた。

6年間、小学校の運動会を見てきた私は、中学の運動会のいろいろなところに新鮮味(?)を感じた。

まず、空を見上げると小学校の時には校舎と校庭の端の木を結んでいた世界の国旗がない。
入場門こそあるが、退場門はただのスペース。
その入場門でさえ、紙の花がついているわけでもなく、ただの直方体が両サイドに立っているだけ。
途中倒れていたし…。

プログラム1番の100m走が始まった時に、スタンバっている子供が見えなくて
「どこからスタートするの?」
と思っていたら、入場門の奥の方からスタート。
なんだか無理に直線の100mにしている感じ。
でも、入場門から次々と猛ダッシュで走って出てくるのは面白かった。

プログラムを見れば、小学校だとひとつひとつ種目にかわいいネーミングがついていたが、中学だと
「100m走 女 男」
「持久走 女 男」
走る競技でなくても
「いかだ流し」
「むかで競争」

いたってシンプル…


先生方も、小学校の先生はお揃いのTシャツを着て盛り上げている感じだったけれど、中学の先生はいかに日に焼けないようにするかといった様子でまるでキャディさんのようないでたち…。

全体の種目を見ても、ダンスなど見せるものはなく、ほとんどが走る競技。
走るのが不得意な子にとっては、ちょっとかわいそうかなと思った。

でもね、でもね
唯一走るものじゃない、「いかだ流し 1年」「むかで競争 2年」「大縄跳び 3年」はクラスが一体とならなくてはできない競技で、もう14歳にもなる2年生が必死な顔で
「いっち、にー!!」「いっち、にー!!」
と言いながら、みんなで同じように足を動かしている姿には感動したし、男の子二人が全身で大縄を回しているのも明日全身筋肉痛になるんじゃないかと心配ながらも、その一生懸命さに心打たれた。

陸上部だろうなという2年3年の男の子の走りは、目が♡になってしまうほど格好よかったし…。

選手の誘導、スタートのピストル…
ほとんどを生徒がこなし、先生が出てくる場面は少ない。

なんかすっごくみんなが大人に見えて、中学生ってすごいなあと思った。

小学校だと一番大人に見えた1年生が、中学だと幼く見える。


いやいや、このシンプルだけどまさに「運動会」といった中学の運動会
私はとても感動したね。



c0220337_16394647.jpg




ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by petit_memo | 2013-06-19 08:29 | こども | Trackback

今、話題のSurface

iPadが値上がりしたのをチャンスに、期間限定で10000円値下げしたとか。

今や、本当にタブレットの時代なんだなあと思う。

でも、アクセサリーとして装着可能なキーボードが出たり、Surfaceもキーボードがあるから
基本はノートパソコンのようにしたいんじゃないかな。

携帯性に優れ、いつでもどこでもネットがつながる時代。

今までも何回かお店でSurfaceを見たけれど、あの板のようなキーボード、びっくり!
キーを打っている感触がまったくなさそう。
タブレットに出てくるキーボードと同じ感覚なんだろうけれど。

子供たちが大人になる頃には、どんなパソコンになっているんだろう?
怖いようで興味津々。

なんにしても、期間限定の値下げは買うチャンスかも!



マイクロソフト Surface RT 32GB + Touch Cover 9HR-00019




ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by petit_memo | 2013-06-14 08:49 | ひとりごと | Trackback