本の街、神保町

さて、神保町に着いた私は意気揚々と地上に出た。
出た場所は「神保町」という交差点だった。

私のイメージでは、古本屋さんが並んでいるこじんまりとした雰囲気だったのに
そこはオフィス街だった。
ちょっとがっかりしながら、Map Fanで本屋が立ち並ぶエリアを探して
歩き始めた。

神保町といえば、かなり前に岩波ホールで「八月の鯨」という映画を見たきりだ。
その岩波ホールは交差点の角にあった。
懐かしくて、ビルの中に入ってみた。

c0220337_2355255.jpg



チケット売り場もこじんまり。
c0220337_001528.jpg



単館ものしか上映しないと思うから(多分)、これで十分なんだろうな。
チケットを買っていないので、これ以上は中に入れなかったけれど
赤いシートで、落ち着いた雰囲気の映画館だったように記憶している。

岩波ホールをあとにして、いくら歩いても、地図にある本屋はない。
もう一度位置情報をONにして確認すると、自分がいるところは
目的地の真反対の場所だった。


あわてて戻ると、まるでドラッグストアのように何軒かに1つは本屋さんという
エリアに入った。


c0220337_03758.jpg




おじさんたちも、熱心に本を見ていた。
本はお店の外まで置いてある。
c0220337_034569.jpg



よく見ると、文庫本ばかり置いてある店、なんとか全集みたいなのばかり置いてある店…
など、お店によってメインになるものが違っていた。

どこも間口はあまり広くなくて、店内は天井まで本がぎっしり。

私も小さい頃、時々古本屋に行っていたから、懐かしかった。

しばらく行くと、写真集やデザイン関係の本がたくさん置いてあるお店があったので
入ってみた。

今は絶版になっていてなかなか手に入らない写真集があって、
一度見てみたいと思っているので、こういうところにないかと探してみたけれどなかった。
う〜ん、運命の出会いはなかったか…。

でもさすが、近所の本屋さんでは見かけないようなものがたくさんあった。
興味津々…。

最後に行き着いたのは、紀伊国屋とか丸善のような三省堂。
面白いのは、一角に「古本コーナー」があったこと。
何軒かの古本屋が三省堂に場所を借りて売っているのかな…。


待ち合わせはまだ先だと思っていたのに
「もう見るところはないから、今からそっちに行く」
と旦那からメールが来た。


ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://petitmoon.exblog.jp/tb/20012297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by petit_memo | 2013-05-06 21:00 | お出かけ | Trackback

感じたことを綴っていきます
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30