ガソリン節約

朝起きて晴れていることは、ありがたい。
どんより曇っていると、とてもやりきれない気持ちになるから…。

いつもの通り旦那や子供たちが出かけた後、すぐに身支度をしてcookieの散歩に行って、また自転車で所用をたしに出かけました。
帰りにスーパーに寄りましたが、昨日はあんなにたくさんあった食材が今日はすっかり品薄になっていました。昨日はたまたまタイミングが良かったということでしょうか?
最低限必要な物だけ買って帰って来ました。

そして、午後…
停電で会社のサーバーが落ちてしまったから仕事にならないと2時頃旦那は帰宅。
子供たちはいつもどおり下校。

それから夕方美容院に行きました。
というのも、この前の週末に上の子の伸びきった髪の毛を切りに行く予定だったのですが
こんな状態になってしまったので保留。
でも、髪の毛は容赦なく伸びて来ます。
私も切りたかったし、意を決して行きました。

いつもは車で行きますが、ガソリン節約のため最寄りの駅まで送ってもらい、あとは電車と徒歩。
って書くと、とても遠いところまで切りに行っているように見えますが、車じゃないとそういうルートになってしまうのです。
リュックを背負って行きました。
停電時間を終えたばかりの電車のホームは平日の帰宅ラッシュ時とは思えないほどの人の少なさ。
一駅乗って降りると、町中は節電のせいか妙に暗かったです。
よく見ると、街灯もついているものとついていないものがあります。
お店もあいていても、半分の照明。一瞬入るのに戸惑う明るさです。

美容院ではいつもとかわらない雰囲気で(もちろんここも節電して少し暗かったのですが)、それがなんかとても嬉しかった!

でも切り終わって暖かい室内から1歩外に出ると、北風がぴゅーぴゅー吹いていました。

帰りも同じルートで帰ろうと思ったけれど、よく知っている道なので、わざわざ駅まで行って電車に乗るよりこのままもう少し歩いちゃおうか・・と上の子と話して、駅には行かずいつも車で行くルートを歩きました。車だとけっこうな道のりと思っていたけれど、案外歩けちゃうもんです。ただ、耳が冷たくなって頭が痛くなるほど寒かったので、途中まで迎えに来てもらいました。
町中の薄暗さがいっそう寒さを増しているように思えました。

家に着いた時間は停電時間。
でも、停電にはなっていませんでした。
いつ切れるかわからない状態だけど、暖房類はいっさいつけず、食卓の上の電気1つだけつけていました。しんしんと部屋が寒くなって来ます。室温14.7度でした。
14.7度でこの寒さです。被災地の避難所はどんなに寒いでしょう。
私たちは3時間の停電時間とわかっているから我慢もできるけれど、いつまでこの状態が続くのかという不安を抱えての寒さは相当きついと思います。

もう停電はないだろうという9時(21時)半頃、ハロゲンをつけ、お風呂をわかして入りました。
また子供たちがお風呂に入っている時に、地震が来ました。
幸い大きな揺れにはなりませんでしたが、夜の地震はいっそう不気味です。

少し申し訳ない気持ちで湯船につかっていましたが、1日でも早く被災地の人たちもゆっくりお風呂につかって体を温めることができますようにってお祈りしました。

朝、電気が逼迫状態になり
「今夜は大掛かりな停電」
といっていたにも関わらず停電にならずに済んだのは、電車の運行に規制がかかったことと個々の節電があったからでしょう。あんなに寒い夜だったのに電気の需要が供給よりも下回っていたからだそうです。

日本人てすごい!
前向きに頑張ろうって思いました。



ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://petitmoon.exblog.jp/tb/16069462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by petit_memo | 2011-03-17 23:50 | ひとりごと | Trackback