輪番停電

昨夜、今日から始まる輪番停電の情報が錯綜して、結局いつが停電時間帯なのかわからないまま
床につきました。

炊ける時にご飯だけは炊いておこうと夜中の11時頃から5カップ炊き、
今朝一番で4カップ炊き込みご飯を作りました。
ご飯さえあればどうにかなるので…。

子供たちはいつもどおり登校しましたが、旦那は自宅待機。

いつ学校から引き取りの要請がくるかわからないので、私だけだとなかなか家をあけられませんが
今日は旦那がいたので、上の子の飲み終えてしまった花粉の薬をもらいに耳鼻科に行きました。

最寄りのスーパーの前を通ると開店を待つ人の長蛇の列・・・
その前にある薬屋は駐車場も駐輪場もいっぱい・・・
少し走ったところにある別の薬屋はそこの駐車場に入りたい車が手前の交差点から渋滞…

カイロとろうそくとマスクとcookieのフードが欲しかった私は、店の駐車場に置くことは不可能と思い、とにかく耳鼻科に行ってそこの駐車場に車をとめて薬の処方箋をもらって薬屋で待つ間、少し歩いて駅前のマツキヨに行ってみました。
店員さんに聞くと
「うちは7時からお店をあけているので、10時にはカイロもろうそくも売れちゃったの」
と言われ、なんとかマスクだけはゲットしました。
その店員さんが
「ここのちょっと先に仏具屋さんがあるから、そこが穴場かも…」
と教えてくれたので、行ってみました。
何度も前を通っていますが、その存在すら知らなかった仏具店。

入ったら、ありました!ありました!
1本1時間20分火がつけられるろうそくが32本入っています。
予定だと停電はうちは午後一番から夕方にかけてのようでしたが、妹のところは夕方から夜にかけてだとのこと、なのにろうそくが2本しかないと言う。
そのろうそくを2箱買ってお店を出ました。

そして最後の希望を持って駅前のスーパーに寄ってみましたが、日用雑貨の売り場にはほとんど品物はありませんでした。こんな光景は生まれて初めてです。
もちろんカイロはなく、かろうじて小さいサイズのcookieのフードがあったので、それだけ買って薬局に戻りました。

薬をもらって家に戻り、停電で冷蔵庫もあたたかくなってしまうのでは大変と、まずはお肉と野菜を炒めておきました。冷蔵庫の中の物と買い込んだものの消費期限をすべて書き出しておいて、順番に調理しひとつも無駄にしないようにと私も必死です。

学校からはメールが来て、下の子の学年で違うクラスですがインフルエンザでのお休みが11人出たので明日から学級閉鎖になる、他の学年、クラスは午後からの停電に備えて2時に全員下校とのこと。
こんな時にインフルエンザで学級閉鎖なんて、もう泣きっ面に蜂です…。

今日行った耳鼻科もいつも行っている内科の病院も停電のため午後は休診になっていました。
そんな中で体調をくずすのは子供も不安だし親も不安だろうなあと思います。

結局今日の停電はありませんでした。

6時のニュースをみんなで見ていましたが、ある避難所では
「今日の食事はおにぎり1つ、食パン1枚、お吸い物。この1食で今日の食事は終わりです。次の食事は明日のお昼まで待たなくてはなりません。毛布1枚で停電の中寒さをしのいでいます」
とアナウンサーが話しているのを聞いて、どんよりしてしまいました。

いつもがっつり食べる旦那もお茶碗1杯食べたところで
「さっきの話しを聞いたら、なんか食べる気がなくなっちゃった…」
と終わりにしていました。

なんか申し訳なくなってしまいます。

明日は予定だと午前中の停電らしいです。
もし、そうだとすると子供たちは給食なしで帰ってくるそうです。

今、私たちにできることは節電でしょうか・・・?
いつもよりひとつ電球を消して、この日記を書いています。



ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://petitmoon.exblog.jp/tb/16054113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by petit_memo | 2011-03-14 19:58 | ひとりごと | Trackback