先日、下の子と買い物に行った時のこと
スーパーの駐車場に車を入れるとき、バックしていたら
リアカメラを見ていた下の子が
「あ〜あ、カメラに葉っぱがついてる」
と言うので、下りてカメラを見たら・・・

c0220337_14330816.jpg

葉っぱじゃない・・・。

なにこれ?

下の子は、名前は忘れたけれど、見たことある!!
と、図鑑かネットででも見たことがあるらしい。
こんな容姿で自然界から身を守るとか。

なるほど。

でも、ずっとカメラにしがみつかれても、よく見えなくて困るので

ふぅぅっ!

と息を吹いて(どうやってつまんだらいいかわからなかったので)どかしたら、

ぼてっ!


c0220337_14354628.jpg

ま、まさか骨折?
なんだかよくわからないけれど、車にひかれる場所ではなかったので、
そのままその場を離れた。


そして、数日後・・・

リビングの窓を開けると、前からのそのそと歩いてきて、私と目が合うと
突然90度方向転換して策を登るこんな方が・・・


c0220337_14374996.jpg


もう、なんなの〜?




人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-07-08 14:31 | 日常のこと | Trackback

2日連夜の土砂降り

「今夜は台風が接近します」

速度が速い台風だし小さめだから、きっと寝ているうちに過ぎ去るだろう・・・
と思いきや、雨のピークは夕方から20時頃。
子供たちの塾の送迎の時間にどんぴしゃ!

車だったが、夜の雨という最悪のコンデションな上にこのモーレツな雨。
どんなにワイパーの速度をはやめても、よく見えない。
ところどころ冠水している・・・。

なんとか帰ってきた。

そして、翌日。

「cookie、今夜は散歩に行けるね」
といつものように夕食後cookieと散歩に出かける。
ぐるっとまわって家に着く頃に、急に風が強くなってきた。
「涼しい〜」
と言いながら家に入って間もなく・・・

ポツポツポツポツ・・・

「あれ?雨が降ってきた。良かったね〜、グットタイミングで散歩に行けたねえ」
とcookieに話しているうちに、けっこうな降りになってきた。
そして、また下の子のお迎えで車に乗った途端、前日を上回るほどの雨、そして風も強かった。

台風みたい・・・

ものすごい雨で、視界は真っ白になった。
自然災害で車の中に缶詰って・・・って、怖くなってきた。

無事子供をピックアップして家路につくも、ところどころ冠水

c0220337_14130639.jpg


車が立ち往生したらどうしよう・・・

ゆっくり、そしてよく道を見て走ってみる。
そんなに距離がないのに、疲れた。

二夜連続で、やめていただきたい!

しかし、自然の猛威って恐ろしいと思った夜だった。


c0220337_14155275.jpg




人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-07-07 14:17 | 日常のこと | Trackback

わたなべぽんが書いている「やめてみた」を読んだ。
生活の中で、実はこれがなくてもやれるかも・・・というものがいくつか紹介されているが
一番心に残ったのは

「ことあるごとに、"すみません"というのをやめて、"ありがとう"におきかえてみた」

という言葉。

私も以前は、いろいろな意味で「すみません」を使っていた。
でも会社の同僚が、食事の時にお店の人にちゃんと目を見て
「ありがとう」
と言っていたのが、とても印象的で

もしかしたら、謝る時もお礼を言う時も「すみません」と言っているかもしれない
もっと「ありがとう」におきかえることができるんじゃないか
ということに気がついたのだ。

確かに「すみません」は言いやすくて、使いやすい。
でも真意が伝わっているかどうかはうやむやなことが多い。

ある時から、心して
「すみません」
「ありがとう」
に変えていった。

ちょっと照れくさいけれど、でも相手にも感謝の気持ちは伝わるし、そう言った自分も
気持ちがすっきりする。

あらためて
「ありがとう」
って素敵な言葉だなって思った。


やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方





人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-07-06 16:20 | | Trackback

愛しのcookie

cookieは、部屋に誰もいなくなると、いたずらや粗相をする。
しかも、したあとは、足取りがタタタタタ・・・ってはやくなったり
こっそり椅子の下に隠れて(本人だけが隠れているつもり)遠くから見ている。
だから、すぐになにかやらかしたとわかる。

洗濯物を2階に持っていっている間も、かなりの確率でそんなことが起きるので

「ちょっと待っててね」

と、いい子にしててねという気持ちで言ってから階段を上がる。
そして、洗濯物を干していると、一人で下にいるのがいやなのか
上がってきてしまう。

先日のこと、私がトイレに行く時に、無意識に
「ちょっと待っててね」
と言ってしまった。
そして、入っている間に、タタタタっとcookieが廊下を足早に歩いている音が聞こえ、
さらに階段を上がっていってしまった。

ああ、上の部屋のゴミ箱をいたずらしてるのかな・・・
布団に粗相してたら、洗濯が・・・

と半ばあきらめの境地で、あとから2階に点検に行くと、何も惨事は起きていなかった。

cookieは、2階から下りてきた私を見ると、お気に入りのクッションに座って尻尾をふっていた。


もしかして、2階で洗濯物を干していると思って、探しに行っただけだったのかも・・・!?

なんか小さい子がお母さんを探しているみたいで・・・
ああ、なんてかわいんでしょ!!


c0220337_13035614.jpg




人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-06-17 12:51 | cookie | Trackback

腰椎圧迫骨折

先日、誕生日会のために集まったお店は2階にある。
お店に入るには自力で階段を上がらなくてはならない。

その階段もゆっくりではあるけれど、自分で上って下りて楽しい時間を過ごしたおばあちゃん。

2日後、3ヶ月に1度の整形外科の定期検診だったので、朝
「今から迎えに行くよ」
って電話をしたら、
「昨日の晩から、腰がモーレツ痛くて、救急車で病院に行くようかも」
と言う。
普段、あまり自分から痛いから・・・調子悪いから・・・「病院に行く」と言わないのに
「救急車で病院に行く」と自ら言ったので、これはただごとではないと思った。

家に着くと、おばあちゃんはベットに横になっていた。
横になっている分には何も痛くないけれど、体を起こすと痛くて
歩いてトイレに行くのもたった3mくらいの距離なのに、10分はかかると言う。

もう、私の車まで歩くのも無理そうだったので、ケアマネージャーに電話して
介護タクシーを呼んで病院まで行った。

この介護タクシーの運転手さんは、前にもお世話になったことのある人だったが、
なかなか病院の駐車場にとめられなかった私の代わりに、診察券を出して受付も済ませ
私が到着するまでおばあちゃんの隣にいてくれた。
本当に助かる。

おばあちゃんの腰は、診察の結果「腰椎圧迫骨折」だった。

なぜ?

と思ったけれど、その10日前におばあちゃんはベランダで水の入った重い花瓶を
持って転倒してしりもちをついていた。その時は擦り傷と多少の打ちみで特にひどい痛みは訴えず
しかも2日前にはお店の階段を上り下りしていたから、それがなぜこんなに遅くに症状が出るのかつながらなかった。

でも、ケアマネージャーさんに言わせれば、たとえば頭を打った時、若い人だと
すぐに頭痛がしたり吐いたりするけれど、高齢者だと血管の切れ方もほんの少しで
じんわりじんわり出血して1ヶ月後に症状が出ることもあるらしい。

おばあちゃんの場合、尻もちをついた時に骨がつぶれたようだった。

とても家には戻れなかったので、そのまま入院になり、少し経ってからリハビリが始まった。
痛みが取れないので、なかなか思うようにリハビリも進まなかったけれど、入院して10日目くらいに私はケアマネージャーさんとリハビリの様子を見に行った。
やはり歩くのはまだまだ困難で、次にやったのが、横になった状態で、なんと足に1キロの重りをつけて(計2キロ)、片足ずつ上げる動作をしたのだが、おばあちゃんはなんなくやってのけた。しかも軽く10回ずつ・・・。

私500gのダンベルを持っているけれど、けっこうずっしりくる。
なのに、1キロの重りをつけた足を、先生がいいよというまでずっと上げたり下げたりしてるのだ。

す、すごい身体能力・・・
これで、本当に98歳ですか?

これなら腰の痛みさえ取れれば、また家で一人暮らしできるな
私はそう確信した。

がんばれ!おばあちゃん!





人気ブログランキングへ




[PR]
# by petit_memo | 2017-06-15 11:46 | うちの中のこと | Trackback